世界が認めたAEDをレンタルしよう

中絶手術の種類と方法

中絶をした女性は、体のケアだけでなく心のケアも必要です。中絶する理由というものは、人それぞれです。誰にも言いたくない利用もあるかもしれません。たとえば、カップル同士が、避妊をしなかったという単純な理由や子供を育てる経済的ゆとりが無く生活基盤も安定してない状態だからという理由などさまざまです。

今の世代は、中絶のことを簡単に考える傾向があります。中絶をするためには、いろいろな手順が必要になります。手術を受けるには、原則として本人とパートナーの同意書が必要です。しかし、パートナーの所在がわからなくなってしまったなどの理由のときは、本人のみの同意で手術を受けることが可能です。

手術は、妊娠してから早い時期に受けると体に負担が少ないです。妊娠初期(12週未満)の場合は、ソウハ法や吸引法で行われます。ソウハ法はスプーンのような医療器具で胎児をかきだすような感じで行います。この手術は子宮を傷つけてしまう場合がありますので、経験や技術のある医師に行ってもらう方が良いでしょう。

吸引法は、ソウハ法と比べると新しい方式です。医療器具で吸引するだけですので、医師の腕はあまり関係ないようです。手術時間は、だいたい15分ぐらいです。妊娠中期(12週から22週未満)の場合は、子宮収縮剤を使い人工的に陣痛をおこして、流産させます。

中絶後の体への影響は、人それぞれ違いますが、ホルモンのバランスが崩れ、月経不順、無月経などが起こることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です