世界が認めたAEDをレンタルしよう

個人でも開始ができるAEDレンタル代行サービス

日本は先進国のなかでも、非常に優れた医療技術を有している国です。毎年のようにノーベル医学賞の受賞者が国内から誕生をしており、そのなかでも先進医療に至っては右に出る国はありません。以前は不治の病と言われていたALSであっても、ips細胞を培養することで完治の兆しも見えてきました。そして一般的な成人病でも、大半の方が治っています。

公共施設にはAEDと呼ばれる救命機材があり、2000年から厚生労働省で設置を義務付けています。これは心不全に対応した機材で、何の知識もない一般の方でも救命措置が自動で行える工夫をなされたものです。今現在約6200万個以上もの個数が普及をしており、必ず設置が義務付けられたものとなっています。そこでここでは、個人でも簡単に開始ができるAEDレンタル代行サービスをご紹介しましょう。

昨今では副業に挑まれる方が増加をしており、このレンタル業であれば今後も高い需要が見込めます。まずAEDは購入すると1台あたり約60万円もする機材です。そしてバッテリーは充電式のリチウムイオン電池なので、毎年取り換える必要もあります。この点から購入をするよりもレンタルをする方が、大幅にコストパフォーマンスをダウンさせることが可能です。

まず個人で開業をする場合、医療機器取扱いの資格を保健所から入手をしないといけません。書類審査のみで特別な免許を別途獲得する必要もありません。あとはメーカーと契約をするだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です