世界が認めたAEDをレンタルしよう

体調に異変…体に負担の少ない中絶を選ぶなら

ストレス社会と言われる現代、不規則な生活や仕事での多忙、人間関係の悩みやちょっとしたことでもストレスを感じる方は少なくありません。特に女性にとっては、ストレスの影響が表れやすく、生理周期に伴いホルモンバランスの変動が大きくなる時期に、生理不順やPMS(生理前症候群)など体調を崩す方も多いようです。生理不順は、多くの女性がよく経験する症状であるため、「ただの生理不順」と軽く思い放置したり、様子見をしがちですが、その症状ちょっと注意が必要です。性交渉があれば避妊も100%ではないため、生理が遅れている場合、予定外の妊娠となる可能性もあります。

そういった妊娠に気づいたら、早急な対応が必要です。もしも、健康面や経済面などの理由により、残念ながら産めない状況であれば、中絶手術を選択するということになります。中絶手術は、妊娠初期である12週までは、15分ほどの手術で特に体調に問題がなければ入院の必要もなく、数時間病院で過ごしたのち、その日のうちに帰宅することができます。妊娠中期である12週~22週未満での中絶では、人工的に陣痛を起こし分娩といった出産と同じような方法になります。

胎児の火葬も必要になりますし、なにより心身ともに負担も大きくなります。そして、妊娠中期までしか中絶手術は行えません。自身の負担を減らすためにも、生理不順や何かおかしいなどと体調に異変を感じた時は、少しでも早く診察を受けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です