世界が認めたAEDをレンタルしよう

制度を有効的に使ってストレスチェックを受けよう

2015年から50人以上の規模を持つ企業はストレスチェックを実施しないといけない制度が発足しました。健康診断と一緒に受けることも多いでしょう。ただしこのストレスチェック制度は、穴もありますので、その中身を把握して受けなければ意味がないこともあります。有意義な受け方をするのであれば、この制度の中身を知っておきましょう。

義務が発生しているのが企業側であり、受ける側には発生していないのがまず盲点としてあげられます。よって面倒ということで拒否をすることも可能です。チェックシートになりますが、ひとつひとつの設問を答える形式になりますので、面倒に感じることもあるでしょう。また結果は個人にだけ知らされ、企業側にはストレスを抱えている人がいることが知られない制度でもあります。

企業側が従業員のストレス軽減を図るためになにをするべきかを考えることが大切ですが、このような仕組みであれば、十分なストレスチェックを実施することができないでしょう。せっかく国もストレスの存在を認めたのですから、有意義な制度にするために今後改善が必要になるのは明らかです。それでも積極的に受けようと考えるのであれば、誰でもストレスチェックを受けることができる環境にあります。ストレスを可視化することによって、自らの健康状態を知ることができ、病気の予防に繋がることから、ストレスを重要視してチェックを受ける体制を自ら積極的に関わるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です