世界が認めたAEDをレンタルしよう

ストレスチェック制度への対応方法

職場のメンタルヘルス対策として実施が義務付けられているストレスチェックは、多くの企業で外部委託という形を採用しています。それはストレスチェックを実施するために必要な人材や設備を持っていない会社がほとんどであるからという特徴に関係しています。社内に医療従事者を雇用している大企業であれば対応が可能である場合もありますが、そうでは無いケースにおいては、対応が困難であるケースがほとんどです。そのためストレスチェック制度に対応するためには外部の専門機関の助けを借りるという選択をするのが現実的な対応となるのです。

制度上従業員が比較的少ない中小企業も対象となります。そのような企業にとっては非常に導入が困難であるケースが少なくありません。ストレスチェックに対応するために費やすことができるコストを最小にするためには外部委託が最高の選択肢になるケースが多いのです。このストレスチェック制度に対応するためには、特定の人材が実施者として関わらなければなりません。

そのような立場に就くことができる人物については法的にも定められています。多くの場合産業医がその役割になることが多いのですが、現実的に対応してもらうことができるケースばかりではありません。このように発生する様々な問題を解決するためにも専門機関への外部委託が有効な選択肢になっているのです。外部委託の先には専門の業者の方が健康診断を行っている医療機関等も含まれます。

選択肢は意外にも多いのでしっかりと比較検討することが望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です