世界が認めたAEDをレンタルしよう

ストレスチェック制度に対応するために必要なこと

職場のメンタルヘルス対策の重要性に疑問を持つ人は少ないと考えられますが、実際にそのような対策の担当者になると困ってしまうという人が少なくありません。その背景には何をどう対応すればよいのかがわからないという問題があるのです。その様な状態が長く続いてきたのですが、2015年末にストレスチェックが一つの制度として成立することになりました。このことにより中小企業を含む多くの事業所がストレスチェックという形でメンタルヘルス対策が義務付けられることになったのです。

このストレスチェック制度は法律に基づくものであり、常時50名以上の従業員を雇用する企業の場合には実施しなければならない義務があるのです。この様な制度として成立したことは職場のメンタルヘルス対策に追い風である一方、担当者には大きな負担を強いることになっているのが一つの現実となっています。そのためこの制度に対してどのように対応すべきかについての知識はしっかりと身に着けておくべきであると言えます。結論から言えば、ストレスチェック制度に対して現状で対応することが出来るノウハウが無いのであれば、外部委託するのが賢い選択であると言えるでしょう。

内部実施のためには人的な資源は勿論、ノウハウが必要になります。その様な能力をすでに持っているのでなければ専門の業者に任せる方が老職もコストも少なく済ませることが出来ます。この業務の委託先は沢山ありますので探してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です