世界が認めたAEDをレンタルしよう

ストレス社会に対応するストレスチェック制度とは

ご存知の方も多くなっていますが2015年12月1日から50名以上の従業員が在籍している事業場に対して、ストレスチェックを行う制度が施行されました。これは近年になって主に仕事の上で不安や心配事などストレスを感じる労働者が5割以上と言う統計から、ストレスが原因で精神障害を発病して労災認定される事例が増加している事が背景にあります。精神障害を発病する状態では無いとしても、仕事の効率が下がったりミスが増えるだけでなく実際に怪我をする事例もある事から、ストレスチェックを1年に1回行う事で労働者自身にストレスの度合いを把握してもらう事が目的です。また検査結果を集団的に分析する事により、職場改善にもつながると言う制度で国が推奨する簡単な57項目の質問に答える事でストレスチェックを行います。

自分自身の精神状態を把握する事によって、うつ病などを発病する前の早期対策を行い心身ともに健康で働けるようにするのですが、検査結果は検査を実施した医師や保健師などから直接本人に通知されるので個人情報が洩れる事も無く安心です。本人の同意がある時のみ検査結果を事業所に提出する事が可能で、一定の要件に該当する労働者からの申し出があった時は医師による面接指導を受けさせるのが事業所の義務となっています。事業所は労働者から医師の面接指導の申し出があった事を理由に不利益な取り扱いをする事は禁じられていますし、医師の面談結果を元に医師からのアドバイスを聞き、必要な場合は就業上の措置を取る事が義務です。こうした事からもストレスチェック制度は労働者の為の制度で、ストレスの早期発見早期対処で生産効率を上げる事も期待出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です