世界が認めたAEDをレンタルしよう

ストレスチェック制度に関する疑問点

職場のメンタルヘルスの重要性を否定する人は少ないと考えられますが、これまでに積極的に取り組んできたと言える経営者も少ないというのがこの分野の特徴です。その様な状況を変えるために2015年末にストレスチェック制度と言う形で多くの企業に職場のメンタルヘルス対策が義務付けられることになりました。これは健康診断と同じように法律によって義務付けられたものであり、積極的に取り組むことが必要になってきています。このストレスチェック制度については厚生労働省が公開しているマニュアルの通りに行うことで義務を果たすことが出来ます。

そのため多くの企業がマニュアルに準じて準備を進めているのが実情です。しかしながらそれでも数々の疑問点が生じることになりますので、企業ごとに自らに相応しいストレスチェックの形について検討していかなくてはなりません。この様な業務の担当になる人は、少なくとも公開されているマニュアルについては熟読をし、制度に対する理解を深めておく必要があるのです。しかし個別の企業の事情に関してはマニュアルで対応できない課題も発生することがあります。

その様な問題に対しては公式に用意されているサポートダイヤルを利用するのが良いでしょう。通話料金だけで様々な質問に対応してもらうことが出来るのが魅力になっています。全国からレアケースを含めた様々な情報が集まりますので、制度に準拠した判断をもらうことが出来るのが魅力になっています。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です