世界が認めたAEDをレンタルしよう

自分の身体を見つめ直す人間ドック

会社でも半年に1回の割合で健康診断を受けることになります。この健康診断は、全身を大まかに健康具合を測ることができる健診になっています。しかしそれだけでは、病気を見つけるというのは困難です。とくに日本人の三大疾患であるがん、心筋梗塞、脳卒中のすべてを見つけることには長けていません。

三大疾患になるリスクを警鐘することは可能ですが、見つけることは困難です。これを補ってくれるのが人間ドックになっています。人間ドックであれば指定することで、日本人の三大疾患である、がん、心筋梗塞、脳卒中の発見が可能になります。基本、健康診断と人間ドックは行う検査は同じなります。

法定検診といってレントゲンや血液検査などがそれにあたります。しかし人間ドックは自分で検査をオプションとして選択することができます。がんは生活習慣とよく関連付けられることで有名ですので、お酒を毎晩飲むのであれば肝臓を検査することができます。また血圧に不安を感じる方であれば心筋梗塞を防ぐために、心臓を調べてもらうと良いでしょう。

そして50代から増えると言われている脳卒中ですので、そのくらいの年齢になると脳の検査をする方が良いです。自分に合わせた検査を行うことができるのが人間ドックになります。健診を受けた後には医師の専門的なアドバイスを貰うことができますので、1年に1回自分の身体を見つめ治すことができる検査になります。専門的な観点でしかわからないことになりますので、受ける方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です