世界が認めたAEDをレンタルしよう

手外科とはどのような分野なのでしょうか

手外科とは耳慣れない言葉ですが、整形外科の中の一分野です。手は運動器の中でも人間が社会的、文化的活動を行うためには特に重要な役割を果たしています。手が役割を果たすためには力強い動きから精密な動きまでこなさなくてはなりません。特に親指は様々な場面で大変重要な役割を果たしています。

手は限られたスペースの中に骨や関節、腱、腱鞘、神経、血管などが含まれており、これらが損傷を受けたときにそれを再建するのが手外科です。手外科では手の特性のため、一般の外科では治療の難しいような怪我や病気に対する治療を専門とします。事故で切断した指をつなぐなど特殊なケースばかりでなく、高齢化の伴って手の病気を抱える人の割合が高くなってきています。手の疾患、障害に対する専門の診療分野です。

日本手外科学会を有し、専門医制度も設けて積極的な技術と専門分野の学術の研鑽を行っています。これは学会の作成したカリキュラムに沿った5年以上の手外科の研修もしくは指定の医療機関で3年以上の研修を受け、さらに筆記試験や面接試験などを受け、試験に合格した医師のみに与えられるものです。どのような疾患の治療を行っているかいくつかの例を挙げてみます。手根管症候群、腱鞘炎、ばね指、テニス肘、野球肘などの治療を始めリウマチによる手指の変形、合指症、切断指の再接着等々。

一般的に見受けられるようなものから高度な手技を必要とする手術まで行っているのです。AEDのレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です