世界が認めたAEDをレンタルしよう

治験の詳細を教えて下さい

治験とは、新しい薬の効果を確かめる事です。薬は病気の治療や予防に必須不可欠な物ですが、単に作れば良いという物ではありません。科学的に効果の裏付があるのか、厚生労働省の審査を通る必要があり、副作用の問題に付いても明確になっている必要があります。そこで、健全な状態にある一般人が薬の確かめる為に治験に参加するわけです。

治験アルバイトという事で、多くの募集が常時掛かっています。勿論、まだ未知の部分が多い薬を飲む事には、相応のリスクもありますので、薬事法やGoodClinicalPracticeことGCP「医薬品の臨床試験の実施に関する基準」での監督がしっかり付いていおり、人権や安全性には適切な配慮がなされています。もしも、問題があった場合にも優先して治療をしてもらえる等の配慮もされます。ちなみに治験の段階は主に4段階に分けられており、安全性と投与量、効果と副作用、そして有害反応と効果と安全性の項目がそれぞれ審査されます。

期間の方は数ヶ月から2年、1年から4年、場合によってはそれ以上のケースも無いではありません。募集人数もより大きなデーターが欲しい事もあり、20人から100人程度の規模の段取もあれば数百から数千、3000人以上や数十万人という様なケースも珍しくありません。治験運用の大元が、医師主導か企業主導であるか等でも違いが出る事もあります。薬作成は基礎研究の段階だけでも、2年から3年以上掛かる物なので、大きいプロジェクトの一環と考えると齟齬がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です